成田山の無料占い

嘘や陰口

無料占い   サイトマップ

八正道 嘘や陰口

嘘や陰口について

この世は空で出来ているという事は、天に唾をはくようなものです。
崩れない岩に向かって石を投げているようなものです。必ずこっちに戻ってきます。
ですから、嘘をつき、陰口を言う、怒って二枚舌を言う、これを相手に向かって、一生懸命やってるつもりなのです。
ところが、相手に向かってやってるわけですけど、いつなんどき何があるか分からないのだから、たたいてやろうと思ってやっているのです。

ところがこれが相手じゃないのです。
自分に効くのです。
自分に向かってやってる。返って来る。
ですから、自分に返ってくると思えばいいのです。
嘘をついたら、自分に返ってくると思えばいいのです。
陰口を言ったら陰口言われる。
怒ったら逆に相手は励まされる。
二枚舌を使ったら使われると思う程、だからこっちが出てきた分、こっちが言ったから出てくるのではないのか。そのように、向こうから返ってくる訳です。

嘘をついたからこちらも嘘をついてやろう、そうではないのです。
嘘をつく人がいたら、真実を語る事によって、嘘をついている人とかその心と、立ち向かうのです。
ですから皆さん方、やっぱり本当の事しか言わないのです。
それによって少し位、遠まわしになることによっても。
これは法句経にあります。
つまり、これは巧みな陰謀、要するにおべんちゃらとか、こういうものには、つまり心が少ないということなのです。
ですから絶対に相手になんと思われようと、それ以上の事を考えればいいのですから、もうすぐそういう形で直接に出すと必ずこの世が空ですからと思うのです。
そうなると、言葉で言う単語。大変簡単に出来るのですから、すぐ言葉に出てきて心の中のものも全部出てしまいますから、これによって、大変苦しい思いをする方がいっぱいいます。
ですから正語が大切なのです。
言葉がいらだちを守り落ちつけ、言葉について謹んで、言葉による悪い行いを捨てて、言葉によって善行を行いなさい。
もうすっと出てきてしまいます。だから、大変分かりやすく言葉は出てきます。

つまり心の中で思った事がこれが自然に出てくるのです。
こうなってるのですから、言葉によってその人の心が分かっってしまいます。
もう言葉で自爆する方は心の中が貪瞋癡とんじんちでいたずらしている、こういう事なのです。
これを制御するにはどうしたらよいかといいますと、これはやはりその真実によって攻撃する、謝絶することです。
それから相手の身になって、自分が言ったらどうなるかという事を考えないといけません。
空を良く理解して、自分の発言をしないといけないという事です。
ですから要するに嘘はつくなという事です。
これは八正道でおこない、豊かにする四無量心の様な事があるらしい、それはこの前に不を付ける以外ないのです。
これは、不を付ける事。不妄語、不綺語、不悪口、不兩舌で不を付ける。これは行わないことです。

逆の事を考えてみましょう。
嘘をつかない真実を語ること。
陰口は言わないこと。
愛語を使うこと、悪口にない愛です。
これは、やさしい言葉で話し合う。悪口じゃなくて愛語でいきましょう。
愛する言葉と書いてこれは、やさしく相手の身になって話してあげる。
悪口ではなく兩舌、二枚舌、舌は一枚しかないのですから、こういう形で言葉を発しましょうということなのです。
そのようになると宜しいと思います。

言葉のよる悪い行いを止めて、言葉によって善行をする。
これは一生の授業だと思います。
一生の授業
不思議ですけどね、今日は上手く行ったと思うと明日も上手く行くとは限りません。
ダメなのです。
今日なんか分かったつもりになりますけれど、明日になるとまた分からなくなる。
これが人間なのです。
常に修行していないと、常に人間良くなると思ったら大間違いなのです。
年を取ればとるほど人間というのは、経験を積んで増やしてくる。
逆に、年を取ると、若い時の方が、勢いがあるのだけれど、不安がない。
年を取ると逆にそういう時、もう、物がね、年を取ると分かるのです。
同じ事でも若い時は分からないです、だから、より年を取れば何でも分かるなどというものではないのです。

無料占いに関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所   :〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号 :(022)225-8640
メール  :naritasan@sikaku.ne.jp

  

嘘や陰口このページのTOPに戻る