成田山の無料占い

悪い心

無料占い   サイトマップ

八正道 悪い心

悪い事を考える心について

慈の心、悲の心、喜の心、捨の心。
この四つはこれが正しい考えなのです。
正しい心持ちなのです。
これは単なるいいことばっかり言ってるのではないのです。ですから慈悲喜捨をしている間は、貪瞋癡とんじんちは止まっているのです。ここが大切です。どちらかが、一緒には動けないようになるのです。慈をやりながら苦を考えたり、そのようなものをおそらくやらない、これをやってる間はもうすこし待てるのです。悲をやってる間はもうすこし我慢する。喜をやってる間もすこし我慢する。捨をやってる間もすこし我慢する。
このようになっている訳です。

ただ、逆に言えばだからどちらを取るか、選択するかなのです。
何故かというとブッタの言葉の中に、良い事を持続しようとすること、良い事を早くしようとすることをしないと、心は悪い事を考える。
旨いことを言います。つまり、私達というのは暇だと、凡夫というのは暇だと悪いことを考える。暇だと貪瞋癡が起きるのです。
だからそわそわしてくるのです。
ところがもう、良い事で忙しくしておけば貪瞋癡が出る幕が無いのです。
そのような仕組みなのです。

いま、述べたように貪瞋癡を仲間に引き込まない。
貪瞋癡を仲間に引き込む理由がない。
貪瞋癡とは違う考え方、心の動きで動かななければいけない。
だから慈悲喜捨は、私達にとってどういう行為になるかというと出発点なのです。
なんの出発点になるのかというと利他の行です。
人様の利益になる行為というのは心の中でまず考える。
それで、利他行のまず出発の行為が心の中で相手の身になって考えて上げるということです。

これからの時代は、心をどれだけデザインするかが、言葉とか体のその人の美学とつながっていくのではないかと思いますし、それが人間の外見形成まで及ぼすことになるのではないかと思います。内面が外見に表れる。自分のデザイナー。プロデューサーの類です。
スタイリストという職業があります。
ここでは心のスタイリストでこの人は皆スタイリストなのです。
そして様々なものを連れてきます。

社長や偉い人にはスタイリストがやってる。
心の中のスタイリスト。
心の中のスタイルを良くする為にはまず心が慈悲喜捨の心にしていきます。それと同時に心が豊かになるともう、顔、骨格が変わってきます。皆さま方も絶対言われてるはずです。このような仏教法話に、仏様の話に毎日触れているのですから。
毎月顔色が良くなっていく。
不思議でしょうがない。
もう皆さんは言われませんか。
まず身近な周囲が変わります。
奥さんが変わります。
旦那さんが変わります。
子供が変わります。
隣が変わります。
近所が変わります。
それは帰れば、仏様の智慧に触れ、その一瞬だけでもそうしよう、そのようにしようと近づいていくのです。それが家に帰っても、続いています。だから必ずいい顔してますから、近い人は分かります。あなたの影響を受けるのです。みんながよくなります。

ただ帰りに、夜の繁華街へ行っていろいろなことをしたりしてはいけません。
それは、まず心の中の正しい考え方とは自己イコール無我って書いてあります。
自己は無我であると我が無い、我が無いってことはどういうことかというと、心をやることなんです。相手の身になって考えることをしていく間は我がないから常に保たれています。そして、「とん」「じん」「」の心が自己を作ってしまうのです。自己を醜く作ってしまいます。心のバランスの乱れ、それが心が乱れるということは何かといいますと、自分のこと、自分の利益を考えてそれが達成出来ない時に腹が立つのです。
ですから自分のことを考えて動くから腹が立つのです。自分の事は考えない。
では滅私奉公しなければいけないのですかといえば、そのような事は一切言っていません。
この世は空だから、相手のことを考えてやってあげた方が勝ちなのです。

無料占いに関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所   :〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号 :(022)225-8640
メール  :naritasan@sikaku.ne.jp

  

悪い心このページのTOPに戻る