成田山の無料占い

悪見

無料占い   サイトマップ

八正道 悪見

悪見について

貪瞋癡とんじんちというのは、もう御主人様が何か失敗しちゃいけない、死んじゃいけない、偉くなって欲しい、お金持ちになって欲しいってことを一緒に考えてくれてますから、ありがたいのです。貪瞋癡大明神というのを作って、ありがたく拝みたくもなくなります。でも、それはおかしいです。ですから、縁の法則を信じ空を信じればいいのです。これはひとつ、空を信じるということ、常に自分の位置を確認しておくことなのです。

常に自分はどんな状態か思うことが大切です。
いつでも自分のところに復元力持っていなければいけません。あっちこっち行ったりしないで、自分に復元力を持っているということは空が分かっていないと出来ません。過労死になりますから。

両方を使うのです。
自分が精神的にも肉体的にも圧迫されたらおしまいです。
人間は、一番大切な精神上豊かにならなければいけないのです。精神的に豊かになるには空を知らないといけません。特に、バブルがはじけて、不況だ不況だって言ってますが、それほど楽しいことはないです。不況でおかしくなったって・・・これが正常なのです。おかしくなくてむしろ正常ですから。こんな肩の荷がどんどん上がっていくなどとは、このようなことは通常有り得ないのです。これでもう一番良い時代が来たと思います。これからは八正道をやる人が勝ちます。

その第一に空って分かるのです。
そして悪見に注意してと書いてあります。
悪見とは悪い見方です。
仏教では、不正見もしくは我見ともいいます。
煩悩のひとつで、願い事を強く思い定めて、誠の道理を知らない心のことを言います。

その悪い見方というのがこの見方です。
私が正しいという立場で見るのが悪見です。
悪い見方、つまり空を信じない縁の法則を信じないのが悪見です。
今、悪見が横行しております。
言うのは勝手です、この時代色んな事で人間がすごく不安定な状態に置かれますから。ですからすがりたいのです。すがりたいでしょう、分かりたいでしょう。どのようにすれば良いか知りたいでしょう。そして、考えるのです。ですから死んだらどうなるという事でやはりみんな、考えるのです。

死んだらどうなるということは、死んでもいない事は分からないのです。
分かる人いますか?
死んだことある人いますか?
いません。
分かりません。
でも、死んだらこうなるって事を明確に言ってもらわないと・・・言ってもらうと安心するのです。そこから又迷いが出てくるのですけれど。そういう物事固定的に捉えることは物事を狭く見ることです。ですから物事を暗く考えることを止めましょう。暗く考えたらダメです。どんな時もこれは、物事を暗く考えたらだめ。つまり悲観的に物を絶対に見ないことです。そしてどういう見方をするかというと明るく見る事です。明るく見るという事は、プラス指向で物を見る事です。

暗く見ればこれはマイナスです。
この世は黒で出来ております。
明るく捉えた方が勝ちです。
暗く捉えると絶対にそっちの方に行ってしまいます。ですから明るく捉えて行く、ニコニコした方がしかめっ面よりはよっぽど良いんです。ニコニコしてれば、笑うかどには福来るっていう言葉が有ります。本当にその通りです。ニコニコした方が良いでしょ、世の中はそのように出来ている。だからこだわらないことで、どんなことがあってもニコニコしてる人のとこには必ずサブタイトルが出現してきます。

無料占いに関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所   :〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号 :(022)225-8640
メール  :naritasan@sikaku.ne.jp

  

悪見このページのTOPに戻る