成田山の無料占い

八正道 因果関係

無料占い   サイトマップ

八正道 因果関係

十二の因果関係

ブッタはインドのブッタガヤの菩提樹の下で、四十九日間の三昧の観想に入ったのです。
そして、ついに大いなる悟りを開くのです。
これを「成道」といいます。
このブッダガヤで1ヶ所に七日間この悟りの三昧をするのす。
ブッタガヤの中で七ヶ所動くのです。
七ヶ所動きながら自分の会得した悟りを確認します。
これが有名な七・七・四十九日間なのです。

ですから、このシステム的に捉えた時に、お釈迦様が基本的に会得したこのようなことが自然にわかるようになります。
でも、苦しみが分からないとこれは分かりません。
逆に言えば、苦しみから縁が分かるのです。

そうすると、現実を捉え真の原因を究明し、解決の着地を想定して実践するようになります。
実践するというのは何かというと、原因の発見、原因を叩くという事になります。
迷いへのサイクルと悟りへのサイクルがあります。
迷いへのサイクルというのは苦が出現します。
苦がいかに出現してるかというと、これを流転門と言います。
迷いのサイクルのことを苦しみの原因である貪瞋癡とんじんちによって反映される仕組みが流転門と言うのです。
流転門は十二縁有ります。

十二縁とは私達が過去(前世)・現在(現世)・未来(来世)の三界を輪廻りんねするようすを説明した十二の因果関係のことです。

を言います。
十二因縁とし、十二縁起とも言います。
他にも十二支縁起、十二支因縁などと表記する場合もあります。
つまり、苦しみの原因というのは無明より始まり、老死で終わるのです。
そして、それぞれ相互に関連する12の因果があるということを言っていてこのような仕組みがあります。

人生これから長いわけです。
今後、日本は長寿大国だの高齢化社会だのますます人生がながくなっていきます。
これから行く時にこの八正道の仕組みを理解することです。
この今、苦しみ結果の事実を生んでいる原因、この流れを知ることが悟りへのサイクルです。

悟りというのは何でしょうか。
これは、思っているのと違うかもしれませんしあたっているかも知れません。
また、幻滅するかもしれませんけど成仏のことなのです。
つまり悟りへの近道は成仏でなのです。
日本だと成仏、成仏っていうと死後に極楽などに生まれ変わることを指すことが多いです。
つまり死というものが成仏と大変深く結びついているイメージがあります。
しかし、ここでの成仏という表現は「悟りを開いて仏陀になること」なのです。
これが成仏です。今回はその話では無いので割愛しますけれど、お釈迦様は十二縁起を開発することによって苦しみの原因を発表し、そして苦しみから解放された世界を表しました。ブッダの教えというのは、すごくシステム化してます。

無料占いに関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所   :〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号 :(022)225-8640
メール  :naritasan@sikaku.ne.jp

  

因果関係このページのTOPに戻る