成田山の無料占い

負と執着

無料占い   サイトマップ

八正道 負と執着

負の原因

苦しみに関する聖なる真理の第2弾は、苦集諦です。
苦しみを引き起こす原因に関する聖なる真理のことです。
きちんとこれを知ってる人がいれば、本当にたいしたものです。
負の原因を生み出している真理。
無料占いをご希望の皆様、人間っていうのはね、なにが起こっても原因をすぐに知りたがるのです。株が上がっても原因を付けて、株が下がっても原因を付けて…。

原因が解ると安心するのです。
納得しやすいのです。
原因が解らないことで起きることは怖い。
だからお化けや幽霊が怖いのです。
おばけというのは要するに原因がないのです。
必ずあそこにいるんだってなればいいのです。
ところがお化けは、いたりいなかったりします。
人によって見えたり見えなかったり。
場所によっていたりいなかったり。
そういうのは困ります。
予測できません。
不安です。

原因が分かれば結果が分かり、とても安心するのです。
まさに、この苦しみは結果の事実です。
その真の原因はこれです。

ですが仏陀も次のように言っています。
これまさる真理はないと。
「弟子達よ、苦しみを引き起す原因に関する聖なる真理とは次のようなことである。
 これは再び迷いを導き、喜悦と貪欲とを伴い、あちらこちらに快楽を求めていくようなものである。すなわち、愛欲と生存欲と権勢繁栄欲である。」
これは見事に貪瞋癡とんじんちを表しているのです。
前ページで説明した貪瞋癡の事をいっている訳です。
見事にこれです。
この結果がこれです。
苦の根源は煩悩や執着や妄執、欲望であることが苦の原因の真理であると言ってるわけです。

苦しみにを消滅することへ導く道に関する聖なる真理の第3弾は、滅聖諦です。
次のように言っています。
「弟子達よ、苦しみを消滅することに関する聖なる真理とは次の通りである。
 その欲望は完全にはなれ去り、消滅することである。」
とこう言っているのです。

では解決策はどうするのか。
次のように言っています。
「苦しみを消滅することに関する聖なる真理とは次の通り。
 すなわち、その欲望完全に離れ去り消滅すること。
 すなわち欲望を棄捨すること。
 捨離すること。
 離脱すること。
 執着を去ること。
である。」
苦しみを消滅させるには執着は捨ててしまいなさいというこういう仕組みなのです。
執着を捨てるとこの苦しみからの開放です。
これがこのページのこの仕組みで話すと分かりやすい。

今、あなた苦しいでしょう。
無料占いをご希望の皆様へ、苦しい原因は貪瞋癡です。


では、どうすればこれがなくなるのか。
苦しみから解放されるのか。
上がれるのか。
すなわちこの欲を捨てなさい。
執着を取りなさい。
そうすればあなたは苦しみから開放されます。
この執着を捨てなさい。

これは、大変なことを言っているのです。
すごく分かりやすいです。
20世紀を生きてる我々でも、そして、これからの将来の我々にもわかりすい。
結果の原因があると、結果の原因っていうのは真の原因がある。
真の原因がこれじゃないかと言っているのです。
これだっていっているのです。

執着

こうしたブッダの話は、この原点をこうして唱えながらしています。
しかも分かりやすいです。
そんな難しいことは言っていないのです。
それを、いつの間にか学者とかがなんか難しくしてしまいました。

大変わかりやすいと思います。
その欲望が完全に離され、消滅することである。即ち、欲望を棄捨すること、離脱すること、執着を断つことだと言っています。
つまり、そうすればあなたはこの豊かな世界で、それをこの世界が悟りの世界になるという訳です。
ところが、人間はこの世界で一番頑強なのは、この2つなんです。
これが頑強です。
もうこれは絶対になくならない。
なぜかというと、これが人間の本質ですからキリストが言う原罪が見事にそこに当てはまります。
それをいともブッダは、苦しみが生まれてくる「苦の原因」から「苦」が生じてくるんだから、ということで目標設定してくれています。
「苦の滅を実現する道」から「苦の滅」から、そして、解決策をこう言ってくれています。
解決策を提案してくれています。
ところがこれはあくまでもこの苦滅したいというのは、それはそうしたらいいですよ、という願望提案なのです。

こんな一言でいくらお釈迦様が言ったから。
欲望を知ればいいのです。
執着しなきゃいいのです。
それは解ります。
大人になれば。
60歳になった人はこれぐらいは分かります。
しかも、ブッタは出家の世です。
全ての自分の累計を全部切り離して。
価値観を全部捨て去ったうえでしかも苦行6年の末に得た成果ですからぎりぎりと研ぎ澄まされた言葉でございます。それをこう言っている訳です。これは不可能なんです。

人間の無始よりこのかたある本能を取ることは出来ない。
ですから、解決、実践を最後にさっとお浚いです。

苦しみにを消滅することへ導く道に関する聖なる真理の第4弾は、道聖諦。
「弟子達よ苦しみを消滅することへ導く道に関する聖なる真理とは次のようになります。
 これこそ、聖なる8つの道です。」

これとこの無始より人間の心の中に巣つくっているのです。
貪瞋癡とんじんちをこれから攻撃する実践をここで言っています。
「すなわち。

  1. 正しい見解
  2. 正しい思考
  3. 正しい言葉
  4. 正しい行為
  5. 正しい生活
  6. 正しい努力
  7. 正しい念慮
  8. 正しい三昧

である」
これで見事に、この8つの実践においてこれを攻撃するのです。
この考え方は知らなければいけない。
知らないといけない。
けれどこれを知ったら、頭の中でこうだなってことが分かってもそれはだめなのです。
それを実践しなければいけない。
これが苦しみから逃れる方法なのです。

ここでは、4つの真理は前半の2つと後半の2つで二分することができるのです。
見事にこうして仕組みが分かるようになってきます。
「苦集滅道」という「苦聖諦」「集聖諦」「滅聖諦」「道聖諦」をあらわしています。

無料占いに関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所   :〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号 :(022)225-8640
メール  :naritasan@sikaku.ne.jp

  

負と執着このページのTOPに戻る