成田山の無料占い

八大分野と無明

無料占い   サイトマップ

八正道 八大分野と無明

人生に関わる八大分野について

あなたの土台は何かということを考えてみましょう。
これが「空」なのです。
それを忘れてはいけないのです。
あなた自身の土台は何ですか?、と問われた時「それは空です」ということです。

じゃあこの空はなにでしょうか。
これは、実体がないものなのです。

これは人生全てのものが実体がないということを描いてます。
人生にどういうものがあるのでしょうか。
人生というものには8つのものがあります。

まず、結婚です。
結婚というものを人生の第1番目としたとします。

  1. 結婚
  2. 仕事
  3. 経済
  4. 家庭
  5. 社会
  6. 人格
  7. 教育
  8. 遊び

この8つが人生に関わる八大分野なのです。
これが「空」で出来ているのだという事なのです。
この世のすべての物事は相互に因縁によって結びつき、ある現象を構成しています。
つまりこの因縁の関係性こそが「空」そのものなのであるという考え方なのです。

そうでなくてこの逆の考え方を「有」という考え方をしています。実体が有るという考え方なのです。
これが分からないとこの話はちょっと難しくなってしまいます。

この「有」というのは、自分の都合のいいことで物事をやめるということです。
つまり、自分の都合のいい所イコール自分の都合の良い所で考えることです。
一番自分が都合がいいなと思う所で考えを止めてしまう、楽なところで止めてしまう、つまりそれは、停止してしまうことなのです。
ですから、人生を構成する八大分野がありますが、そのうちの、一番自分の都合のいいと思う所で、そのままストップしてしまうのです。

もっと分かりやすく、これを戦国武将に例えてみましょう。
国取り合戦のようなものです。
いまも世界で国取り合戦をしています。

愚痴で大きく国を取ろうとする3人の武将がいますね。
「貪・瞋・癡(とん・じん・ち)」という3人ですね。
その軍団の下にさまざまな煩悩がひかえております。
これらの軍隊はすごいです。
この煩悩の根本となる3人「貪・瞋・癡」にはじまって、私達が知ってる数は108個だと思っているでしょう。
でも、本当はそうでありません。
私達が知らないだけで約64000もあると言われています。
しかし、もっともっとそれを細かく分析すれば無限にあると考えられます。
そんなにあるなら私達人間は、なかなか太刀打ちできません。

そして、片方には「空」によって国を治めようとする武将がいます。
こちら軍隊の配下には縁(縁起)が控えています。
この世の全て(一切)は、直接的にも間接的にも、何らかのかたちでそれぞれ関わり合って変化しているという考え方を旗印に国を治めようとしています。

この世は全てのものは関わり合いで存在するいう「空」「縁」という軍隊につくのか。
片や「有」「無」という軍隊につくのか。
この2つのどっちの陣営に入るかです。
どちらの陣営で物事を考えるか。
つまりこれは、どちらを「生老病死」で行くのかということです。

これが、これからは一番大切なことになってくると思います。
ここは人生の捉え方が「空」「縁」と言う武器で戦って行くのか。
「有」「無明」と言うそういう武器で戦っていくのか。

無明(むみょう)とは

無明(むみょう)とは、人間の心の中にある一切の煩悩の根源、迷いをいいます。
無明の闇をなくし、心の中を明るくすることが仏教の悟りにつながります。
仏教では、人間はすべて凡夫(ぼんぶ)だという考えがあり、自分の愚かなことを自覚して、悟りに遠い自分を認め、生涯を通して、いくらかでも無明に光が届くように努力することが必要と教えています。
幸福になるには、とらわれない心を、自分の心にしっかりと確立する以外に得られないのです。
自分の無明を認めた者、自分の痴愚(ちぐ)に気づいた者だけに幸福への道が開かれます。

例えば、草や木を材料として建物を建てます。
建物が出来上がれば建物があることになっています。
しかし、この建物を分解して草や木にしてしまえば、建物はないことになります。
つまり、建物は「存在している」とも言えるし「存在していない」とも言えるのです。
この世のすべての物事は相互に関係性の因縁によって結びつき、あることがらを構成しているのです。
この因縁の関係性こそが「空」というものです。
それをお釈迦様は言っています。

自由の意思を持って、そして、有というものの上に無明という武器を持って動くと何が出現するかと言うと、この関係からは出現するのは四苦八苦が出現するはずです。自分の生まれてきた間、ずっと今までの過去の歴史を省みてください。そして、思い出してください。問題が起こります。

その時、厄介な時が必ず問題が「有」ると考えます。
その時には、私達は無明(迷い)でものごとを考えていると思います。
つまり「貪・瞋・癡とん・じん・ち」で考えているのですね。

そして物事が素直にいってる時というのは、私というものが存在するということすら「無」く忘れて動いているのではないでしょうか。
私というものが無い時、つまり私は良縁に結ばれて動かされているという時に、大変、楽しい環境が出現している事が分かると思います。
これは「空」出現のメカニズムの最もさえたるところです。
つまり私達のメカニズムなのです。

こういう仕組みを、しっかりと持って理解してください。
そうでないとこの八正道というのは「ただの8つの正しい道ね。ああ、そう、分かりました。」となってしまいます。
これが分からないと、この話はないのです。
知識だけになってしまうのです。

つまり今自分の置かれた環境をこの8つ実践を活用するとこの苦しい環境から脱出できるという事なのです。
だから大変なのです。
まったなしなのです。
これからのことが全部これにかかっている訳なのです。
ですからこの実践行動を八正道をとっている方はこういう今おかれている状況というものが除々に消えていく。
これは頭で考えてもだめなのです。

ただ理論的に言いますと。
年を取らなくなって病気になっても死なないことはないのです。
でも、こういう8つの苦しみから解放されるということなのです。

無料占いに関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所   :〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号 :(022)225-8640
メール  :naritasan@sikaku.ne.jp

  

八大分野と無明このページのTOPに戻る