成田山の無料占い

四苦八苦

無料占い   サイトマップ

八正道 四苦八苦

害毒「四苦八苦」について

心が生み出す害毒とは何か、と言うと「生老病死(しょうろうびょうし)」から始まる「四苦八苦(しくはっく)」である。
この「貪・瞋・癡とん・じん・ち」が生み出しているものが「四苦八苦」。
そして「四苦八苦」の本質が「貪・瞋・癡」ということになる。

心が生み出す害毒「四苦八苦」は、他人に対して迷惑をかけず、自分に対して迷惑をかける。
基本的に「四苦八苦」というのは、自分に対して自分が迷惑をかけて「四苦八苦」という世界を出現させているのです。
年を取るにも年の取り方があります。人生は人によって違います。年の取り方も違いますが、それでも大道というものがあります。
「貪・瞋・癡」で年を取るか。
「八正道」で年を取るかで、大きく違います。

病気だってそうです。
「貪・瞋・癡」で病と戦うか。
「八正道」で病と戦うかで、大きく違います。
本当に違ってきます。

死もそうです。
「貪・瞋・癡」で死んでいくか。
「八正道」で死んでいくかによって、大きく異なります。

そして、生きることも同様です。
何故生まれてきたか、なぜ生きないといけないのかということを考えたときに「貪・瞋・癡」で考えていたら、いつまでたっても解決は出来ません。
「八正道」で生まれてきたこと、生きていくことを考えないといけないのです。

苦しみがあった時にも「貪・瞋・癡とん・じん・ち」で考えてみる。
なんとかなるだろうと思って解決することと、八正道で思って解決することは大きな違いです。
愛する人と別れる。
これは確実にきます。
誰にでも来ます。
そして、それは互いに来ます。

これはどんなことがあっても覚悟しておいたほうがよいです。
しかし、覚悟というのは、常日頃からきちんと思っていなければ駄目なのです。
その時、突然、思うからおかしくなってくるのです。
その時にもきちんと「貪・瞋・癡」で覚悟するか、八正道で覚悟するかで違ってきます。
そして得るものが得られない苦しみを我慢するのかというとそうではないのです。

「貪・瞋・癡」で得るものを考えているからいつまでたっても貧乏なのです。
八正道で考えると莫大な利益が入って来るのです。
ちょっとした発展を「貪・瞋・癡」で展開していくと絶対に、このままなのです。
逆に、発展を八正道でするとさらにその発展の先があります。
どうしてか。八正道という考え方によって発展して発展して発展しても、そして、なお、土台がぶれないからです。
知っているからです。

無料占いに関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所   :〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号 :(022)225-8640
メール  :naritasan@sikaku.ne.jp

  

四苦八苦このページのTOPに戻る