成田山の無料占い

摩訶般若波羅蜜多心経

無料占い   サイトマップ

苦集滅道 摩訶般若波羅蜜多心経

「摩訶般若波羅蜜多心経」とは

「摩訶般若波羅蜜多心経」を経題といいます。
般若と心経を取って般若・心経であり、本当は「摩訶般若波羅蜜多心経」という長いお経なのです。
それを縮めていっているのです。
もっと縮めると心経という言い方をします。
心経といえば般若心経のことです。

これの意味はマカープラジュナーパーラミターフリダヤスートラというのが、この梵語の原点です。
マカーというのが偉大なるという意味でそのまま(摩訶)にあたります。
プラジュナーというのが(般若)にあたりまして知恵という意味です。
真実を知る知。全体を直感的に認識することで、皆様の使っていらっしゃる言語で表現が出来ないのです。

分かりやすい言葉で表現すると、今見ているこのままを理解するという事です。
このまま理解するということは口では表現できないのです。
動いているものを動いたままに話すことは皆様に限らず人間出来ませんから、ですから世の中の事というのは全て断片的にしたときに真実でなくなってしまいます。
つまり動いているものを動いている通りに理解するのをプラジュナーというのですが、これを人間は出来ないのです。
それが智慧だというのです。

それをギリギリまでに何とかそういう動いているものを動いてる形に表現できないけれど何とかそれを近いことで代案を立てると、そこに縁が出てくるのです。
縁というのが介在したときに初めて智慧というプラジュナーというものと少し違うのですけれど似てる形のものに縁という言葉を使うと代替が出来るのです。
まわりにあるこの世のものは全て関わり合いに寄って出現しているという進行形で状態があるのだという、これは宇宙全体で捕らえた真理と表現するギリギリのところで捕らえると縁ということになります。

釈迦は縁を知ることによって悟りを開いたのですけども、この智慧というプラジュナーは中国語に直すよりはこのままプラジュナーにしておこうということになったのです。
古代インド語の方言でプラジュナーの事をパーニャといったのです。
パーニャが般若という、これも音訳です。
ですからこの般若という言葉はこれにはなんら意味はありません。
これもプラジュナーの音訳です。

次に(波羅蜜多)パーラミターですが、(波羅蜜多)パーラミターというのが古代インド語で訳すと完成という意味になるのです。
ところが当時の中国の完成とここでいっている完成は違うのです。
どう違うかといいますと、パーラミターというのはシガンというのは住んでいるいやらしい汚い世界。これをエド(岸)といいます。
ヒガンは浄土(岸)といいます。
綺麗な世界です。
それをトウヒガン、完成させる事をパーラミターというのです。
つまりこちらの岸からあちらの岸に行くことがパーラミタなのです。

当時の中国の完成という言葉にはこんなことはないものですからそれでは困ったということで、このまま音訳にして波羅蜜多という字をあてたのです。
次がフリダヤですが、フリダヤは心臓のことです。ですから心のことで、これは直せるので直しました。
次にスートラというのは、縦糸のことなんです。
縦糸とはどういうことかといいますと、縦糸があるから数珠は108バラバラにならずにすむのです。

つまり、スートラとは縦糸のことで初めから終わりまで貫いていること。
つまり一つ一つが真理なのです。
真理も一つ一つではダメで、それが固まりになって繋がっていること。
これがスートラです。ですから「経」と訳すのです。

無料占いに関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所   :〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号 :(022)225-8640
メール  :naritasan@sikaku.ne.jp

  

摩訶般若波羅蜜多心経このページのTOPに戻る